和泉市 注文住宅を建てる | エコハウスとは?

2021.7.7

堺市 和泉市や泉大津市、高石市、忠岡町など泉北エリアを中心にで注文住宅やリノベーションを提供しているSunnyday工務店です 。

「快適な住まいで暮らしたい。」

お家づくりを考えている人皆の願いだと思います。

もちろんデザイン重視の方もいると思いますが、それは快適に住める家と言うことが当たり前になっているからだと思います。
そんな「快適な住まいで暮らしたい。」と希望をかなえる家の一つに『エコハウス』と呼ばれる住宅があります。

高性能住宅を表して、時に環境共生住宅を表しています。

この記事ではSunnyday工務店も大切にしている『エコハウス』のコンセプトについて紹介していきます。

 

エコハウスの定義はまだまだ不明瞭

エコハウスと言う言葉を一般的に広げたのは「エコハウスのウソ」と言う本ではないでしょうか。一級建築士で東京大学大学院建築学専攻准教授 前真之氏が執筆した「エコハウスのウソ」はエコハウスの定義がまだまだ不明瞭で未熟であることをバッサリと切り捨て、本当のエコハウスの正解を提示しようとしています。

気になる方は最新版「エコハウスのウソ2」ぜひ読んでみて下さい。

 

エコハウスの定義|環境省

国(環境省)の定めるエコハウスでは、環境に負担をかけない方法で建てられた住宅をエコハウスと呼んでいます。

1)環境基本性能の確保
1)断熱 2)気密  3)日射遮蔽 4)日射導入 5)蓄熱 6)通風 7)換気 8)自然素材

2)自然・再生可能エネルギー活用
環境基本性能を確保した上で、必要なエネルギーは自然エネルギーを最大限利用し、なるべく化石燃料に頼らない生活ができることがエコハウスに求められます。

3)エコライフスタイルと住まい方
農地付き住宅のような新しいライフスタイルの提案が住宅を考える上で必要です。

4)地域らしさ
周辺環境、材料、工法、デザインなど、地域の特色を生かした住宅であること

環境省エコハウスとはを一部抜粋https://www.env.go.jp/policy/ecohouse/about/index.html

快適に暮らすための住宅以外にも、農地付き住宅のようなエコロジーな暮らし方や地元の建材などを使用することでもエコハウスと名乗れます。
大きなくくりを国は作ったと言えるのですが、現在のエコハウスとは少し意味合いがズレてきているのかもしれません。

 

無垢材を多く使用し、環境負荷が少なく、低燃費で快適に暮らせる住宅をエコハウス

Sunnyday工務店でのエコハウスの定義をザックリと言うと「無垢材を多く使用し、環境負荷が少なく、低燃費で快適に暮らせる住宅」のことです。

素材にこだわり、気密にこだわり、断熱にこだわり、間取りにこだわることでエコハウスが出来上がっていきます。

人が暮らすために快適性・健康性の高い住宅「エコハウス」について、お気軽にご相談してください。

一生に一回あるかないかの家づくりを当たり前なこともしっかり行って、快適に健康に暮らしてください。

 

—————————————————————————————————

泉北郡忠岡町/泉大津市/岸和田市/和泉市/高石市/堺市
注文住宅・新築・リノベーションなら
株式会社Sunnyday工務店(サニーデイ工務店)へ

〒595-0804
大阪府泉北郡忠岡町馬瀬1-4-14
TEL:0725-58-7428
WEB:http://www.321day.jp

【事業内容】
新築注文住宅・リフォーム・リノベーション・土地探し

【施工範囲】
大阪府:泉北郡忠岡町/泉大津市/岸和田市/和泉市/高石市/堺市
→その他大阪府下でもお気軽にご相談ください。

【自然素材を使った楽しい家づくり】

社長はなんでも自分でやっちゃうスーパーマン!?
Sunnyday工務店の社長紹介ブログはこちら>>>

Sunnydayがこだわる自然素材について
・スイス漆喰についてはこちら>>>
・無垢材と自然塗料についてはこちら>>>
・天然の紙からできた紙クロスはこちら>>>
・木から生まれた天然の断熱材はこちら>>>

【お問い合わせはお気軽に!】

お問い合わせいただいた方全員に、Sunnday工務店のコンセプトブックをプレゼント!
何から始めたらいい?どんな家づくりができる?
小さな不安や疑問もお気軽にお問い合わせください。