2021年 断熱リフォーム 補助金 | 経済産業省による次世代省エネ建材の実証支援事業

2021.6.1

堺市 和泉市や泉大津市、高石市、忠岡町など泉北エリアを中心にで注文住宅やリノベーションを提供しているSunnyday工務店です。

30℃を超える暑い日も増えてきて、
車に乗り込んだときのむわっとした暑さを感じる季節になってきました。
家も同じようにむわっとしないようにするためには断熱性がとても大切です。

今回はそんな断熱リフォームに補助される助成金の話です。

 

経済産業省による次世代省エネ建材の実証支援事業

近年省エネ技術を成長させるために経済産業省から高性能な省エネ技術を利用した断熱リフォーム工事に補助金がでていることをご存じでしょうか。

各社メーカーから先進技術として建材登録して、その建材を一部使用することで断熱リフォームにたいして最大300万円の補助助成されると言う制度です。

なんだか企業のための補助金のようにも見えますが、断熱リフォームを広げていきたいという思いも垣間見えます。

年間約1万4000人とも言われるヒートショックでの事故死
命あっても脳梗塞など介護が必要になる可能性の高い病気をも引き起こす温度差の問題

この機会に準備をしてみてはいかがでしょうか。

 

2021年スケジュール

 

一次公募期間|断熱 リフォーム補助金

2021年5月10日(月)~7月16日(金)

実績報告書提出期限:12月17日(金)締切

二次公募期間|断熱 リフォーム補助金

2021年8月2日(月)~9月30日(金)

実績報告書提出期限:12月17日(金)締切

一次公募・二次公募とも先着順

 

 

外張り断熱工法等での改修(外張り断熱)の補助金

補助金額
補助率 補助対象費用の1/2以内
補助金の上限額 300万円/戸

外張りによる断熱工事のため、見た目なども大きく新しくなり、「新築にそっくり」になります。
住宅にお住まいになりながら新築のようになる大規模な工事が外張り断熱工法等での改修(外張り断熱)です。

 

内張り断熱工事での改修(内張り断熱)の補助金

補助金額
補助率 補助対象費用の1/2以内
補助金の上限額 200万円/戸
補助金の下限額 20万円/戸

断熱パネルを内部から施工する内張り断熱工事に対して補助助成されます。外から見るとそれほど変わらない工事のため、前述の外張り断熱よりは比較的小規模な工事になります。

経済産業省による次世代省エネ建材の実証支援事業では全ての部屋を断熱する必要はなく部位ごとに工事することでも補助対象となります。
(居室を含むこと)

しかし、床の部分に潜熱蓄熱建材と一般的には聞きなれない先進省エネ建材が必須となります。
たとえば、

http://www.chiyoda-ute.co.jp/feature/energy-saving/

潜熱蓄熱建材は室内で

 

 

断熱リフォームは仮住まいが必要

断熱リフォーム工事は前述のとおり外張り断熱と内張り断熱の2種類がありますが、予算やご希望によってオススメな方法は変わってきます。

また断熱工事は期間も長く、リフォームする箇所も大規模になることが多いため住みながらのリフォームになるため引越しが必要になります。

工事の完了を考えると実はそんなに期間の余裕がない制度ですが、今年の冬に備えたいとお考えの方は是非お考え下さい。

 

 

————————————————————————————————————————

泉北郡忠岡町/泉大津市/岸和田市/和泉市/高石市/堺市
注文住宅・新築・リノベーションなら
株式会社Sunnyday工務店(サニーデイ工務店)へ

〒595-0804
大阪府泉北郡忠岡町馬瀬1-4-14
TEL:0725-58-7428
WEB:http://www.321day.jp

【事業内容】
新築注文住宅・リフォーム・リノベーション・土地探し

【施工範囲】
大阪府:泉北郡忠岡町/泉大津市/岸和田市/和泉市/高石市/堺市
→その他大阪府下でもお気軽にご相談ください。

【自然素材を使った楽しい家づくり】

社長はなんでも自分でやっちゃうスーパーマン!?
Sunnyday工務店の社長紹介ブログはこちら>>>

Sunnydayがこだわる自然素材について
・スイス漆喰についてはこちら>>>
・無垢材と自然塗料についてはこちら>>>
・天然の紙からできた紙クロスはこちら>>>
・木から生まれた天然の断熱材はこちら>>>

【お問い合わせはお気軽に!】

お問い合わせいただいた方全員に、Sunnday工務店のコンセプトブックをプレゼント!
何から始めたらいい?どんな家づくりができる?
小さな不安や疑問もお気軽にお問い合わせください。