和泉市 注文住宅|サステナブルな家とは?高寿命が大切

2021.4.14

堺市 和泉市や泉大津市、高石市、忠岡町などで注文住宅やリノベーションを提供しているSunnyday工務店です。
自然素材を中心にした家づくりを提供しています。

SDGsの広がりとともに様々なものが『サステナブル』と形容されるようになってきました。
「持続可能であるようす」「維持が可能であること」またそれらをコンセプトに取り入れた商品を表しています。
オーガニックな素材や成分でつくられた商品など植物性の素材でつくられた製品やリサイクル品のほかにも地産地消、フェアトレードなどのサステナブル仕組化を進める取り組みも含まれています。

Sunnyday工務店が考えるサステナブルな家についてです。

 

サステナブルな家は高寿命である。

平成の時代、住宅の平均寿命は“30年足らず”と言われてきました。
実際まだまだ使えるお家もありましたが、30年を過ぎると方が来る家も多くありました。

壊して、また家をつくる。
スクラップ&ビルドと言われていた時代です。

サステナブルな家では高寿命であるべきだと思います。
・ヨーロッパ諸国と同様の耐久性能をもつ

高寿命であるためには耐久性はとても大切です。
耐久性が低ければ新築時から安全性は損なわれてしまいます。

また高温多湿な日本では壁内の“湿気対策”を十分に取られているか?
など時間が経っても安全性を確保し続けられるようになっているでしょうか。

壁構造でも大きく変わってきます。
Sunnyday工務店がつくる家ではそんなところまで考えています。

関連記事[断熱材]
https://321day.jp/2427

サステナブルな家は今後も広がっていくでしょう。
住宅の標準がサステナブルな家となったとき、古臭くならないようにするためにもサステナブルな家を選ぶことは大切なことなのではないでしょうか。

 

世界の街をGOOGLEマップでサステナブルな社会を見てみる。

家を含めて全てのサステナブルなものたちはサステナブルな社会を実現するためのものです。
GOOGLEマップで『航空写真』で日本、ドイツ、デンマークなどを街を見てみると、サステナブルを20世紀から始めている国とこれから始める国の違いを見ることができます。

築年数は経っているのに、まだまだ若々しい。
まるでアンチエイジングをしているかのようです。

 

1987年にサステナブルは「将来の世代の欲求を満たしつつ、現在の世代の欲求も満足させるような開発」
と定義されました。
当時は環境問題のことでしたが今はそれだけではなくなりました。

サステナブルな家は満足できる家を建てるだけに留まらず、再使用、再利用する際も満足できる家のことです。
再使用や再利用な家はいろんな選択肢が含まれています。

・こどもに残す家
・賃貸にして、家計を助ける
・売却して、新しい家族が住む
など

昔の日本もそうだったように
耐用年数が80年から100年もあるヨーロッパの国では当たり前のこと

難しいことではないです。
ですが、お家づくりで様々な建築会社を比較検討されている方は、Sunnyday工務店も加えてみて下さい。

きっと伝えたいこと。

20年後にわかることをお伝えできると思います。

 

————————————————————————————————————————

泉北郡忠岡町/泉大津市/岸和田市/和泉市/高石市/堺市
注文住宅・新築・リノベーションなら
株式会社Sunnyday工務店(サニーデイ工務店)へ

〒595-0804
大阪府泉北郡忠岡町馬瀬1-4-14
TEL:0725-58-7428
WEB:http://www.321day.jp

【事業内容】
新築注文住宅・リフォーム・リノベーション・土地探し

【施工範囲】
大阪府:泉北郡忠岡町/泉大津市/岸和田市/和泉市/高石市/堺市
→その他大阪府下でもお気軽にご相談ください。

【自然素材を使った楽しい家づくり】

社長はなんでも自分でやっちゃうスーパーマン!?
Sunnyday工務店の社長紹介ブログはこちら>>>

Sunnydayがこだわる自然素材について
・スイス漆喰についてはこちら>>>
・無垢材と自然塗料についてはこちら>>>
・天然の紙からできた紙クロスはこちら>>>
・木から生まれた天然の断熱材はこちら>>>

【お問い合わせはお気軽に!】

お問い合わせいただいた方全員に、Sunnday工務店のコンセプトブックをプレゼント!
何から始めたらいい?どんな家づくりができる?
小さな不安や疑問もお気軽にお問い合わせください。