自然塗料とウレタン塗料の違い|「空気を汚さない」

2021.1.9

自然素材のカフェのような新築注文住宅・リノベーションを提供しているサニーデイ工務店です。室内は健康的な空間であるべきだと考えています。

無塗装で使用すると汚れとソリの問題がつきまといメンテナンスが大変になってしまいます。そこでサニーデイ工務店では空気を汚さない塗料を使用し、無垢材を保護するために自然塗料を使用しています。
木の個性を出すにしても最適なのは自然塗料です。

 

塗料はペンキ?

塗料というと想像するのがペンキではないでしょうか?
ハケでペタペタと塗る。
確かに似てますよね。

でも室内に使う塗料はペンキとはまったく違うもの。
室内で使用する塗料についてすこし整理していきます。

 

塗料の種類

木材の仕上げには、ウレタン塗装をはじめとするコーティング系塗料とオイル塗料に大きく分けられます。

 

自然塗料(オイル塗装)

  • さらさらとした感触
  • 自然に近い風合いとナチュラルな仕上り
  • アレルギー物質が少ない(リボスは入っていない。)

 

コーティング系塗料(ウレタン塗装など)

  • ツルツルとした感触
  • 艶消しでも見方によってすこしテカリがある。
  • 化学塗料のため安価で施工期間も短い
  • アレルギー原因物質が入っている。

 

「空気を汚さない」自然塗料

自然塗料といってもアレルギー原因物質が全く入っていないわけではありません。自然塗料といえ、ものによっては入っています。

花粉症や自然なものがすべて安全ではないですよね。
など、自然を恨んでしまいます。

そんな自然塗料の中でも安全性が高いと証明されているものもあります。
赤ちゃんが遊ぶおもちゃにはそんな塗料を使われていて、食品レベルと同様の安全性が確認されています。

弊社ではリボスを選んでいます。

・表現力があること
そして・安全であって空気を汚さないこと

塗料の表現はたくさんあります。
素敵な空間をつくりたい方はぜひサニーデイ工務店でいらしてください。

事務所内に塗料の表現を見ていただけるところがたくさんご用意しています。

リボス塗料については別ページで書いています。
ぜひそちらも併せてご覧になってください。
https://321day.jp/2250