リノベーション工事中の騒音を抑える気配り

2020.12.30

自然素材のカフェのような新築注文住宅・リノベーションを提供しているサニーデイ工務店です。
リノベーション工事中での気配りについてです。

 

マンションのスケルトンリフォーム

リノベーション工事では写真のように一度スケルトンにすることがあります。この現場では構造体になっているコンクリートの壁以外ほとんど解体・撤去しました。
ここから描いた完成に向けて工事を開始です。

 

工事のあと引越しして生活するから気配り

当たり前ですが、思い描いた工事が完了したあとお施主様はその場所に住まれます。
そのため、工事中に近隣の方が騒音で悩まされることがあれば、お施主様と近所の方とで問題になってしまうかもしれません。

スケルトンにして工事の場合、下地をコンクリートに受け付ける時に大きな音がでやすく、ご迷惑をおかけしてしまいます。

そこでSUNNYDAY工務店ではできるだけ釘の量減らし、そのかわりにボンドを使用し、下から突っ張って補強することで乾いて固まるまで待ちます。

ぱっと見は、ちょっとイキってる若手のデザイナーのアート作品みたいですが、ボンドが固まれば全て外します。

リノベーションでも新築注文住宅を建築する場合であっても、楽しく暮らすためには近所への気配りって必要なことですよね。